FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
我が家に神様宿る
2011年02月01日 (火) | 編集 |
かなり時が経ってしまった。
冷蔵庫の上に段ボールごと放置する罰当たりな私。

祭り方、方角etcよく分からなかったんですもん。

新しい年になり、やっとこ神棚を設置しました。
我が家に神様宿りました。
P1180830.jpg

ヽ(。´▽`。)ノ カミサマー♪

・神棚は明るくて清浄な高い場所に南向きもしくは東向きに設置。
・神棚が小さい場合は神宮大麻(天照大神(あまてらすおおみかみ))を
 一番手前にお祀りし、その後ろに氏神さま、次に崇敬する神社のお神札
 を重ねてお祀りする。


我が家の場合、崇拝する神様はいないので氏神様のみ下記に電話して確認。
  ▽
■神社本庁-神社庁一覧
http://www.jinjahoncho.or.jp/honcho/index3.html

日本の神社を取り仕切っているところが戦後からあったんですねー。
八百万の神がいるんですものね。

近所の氏神様は「須佐之男命(すさのおのみこと)」でした。
天照大神の弟です。


色々調べていくと、須佐之男命(すさのおのみこと)と奇稲田比売
(くしいなだひめ)の間から産まれたのが大黒様(大国主命/おおくに
ぬしのみこと)なんだそう。

日本の神話って調べていくとおもしろい。
それにしても。日本の神様の名前って読み仮名ついてないと読めないf(´▽`;

興味ある方は下の神話を読んでもらえると分かるんですが、イザナギ(父)が
川で左目や右目、鼻を洗った時に神が生まれたって。
男から生まれるのもなんですが、目から鼻からって・・・Σ(゜□゜;)
まぁ、神ですからね。


■伊弉諾(いざなき/父)・伊弉冉(いざなみ/母)
     ↓  
( 姉 )天照大神    :父の左目から生まれたとされる女神。太陽神。
(長男)月読尊(ツクヨミ):父の右目から生まれたとされる男神。夜を統べる月神。
(次男)須佐之男命   :父の鼻から生まれたとされる男神。海原の神。


本来神棚に神饌(お供え物)を本来しなくてはいけないらしいのですが、
場所がないので・・・割愛

にしても。

お正月に浅草神社で購入した神宮大麻(天照大神)のお札が行方不明・・・。
神様とかくれんぼごっこしてます。(私が鬼?)

神様ぁ~どこに隠れてるの?ヽ(>◇<)ノ


【須佐之男命(すさのおのみこと)】--------------------------------------------
・日本神話に登場する神。
・伊弉諾(いざなき)・伊弉冉(いざなみ)二尊の子。
・天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟。

○須佐之男命の神話『古事記』『日本書紀』より
父から海の支配を任ぜられたにもかかわらず、母のいる国へ行こうとします。
途中天照大神のいる高天原(たかまがはら)に寄りますが、そこで粗暴な振る舞いをしたため天照大神は怒って天の岩屋に閉じこもってしまいます。高天原を追放されたスサノオは、葦原中国(あしはらなかつくに、出雲の国)を目指し舟で船通山(せんつうざん)に降り立ち、その地で暴れまくっていた大蛇ヤマタノオロチを退治してその地を治めます。そのオロチの腹から出てきたのが三種の神器のひとつである草薙の剣(くさなぎのつるぎ)です。

ヤマタノオロチの生贄になることになっていた奇稲田姫(くしいなだひめ)をお妃に迎えて出雲国(いずものくに)の須賀の地で暮らし大国主命(おおくにぬしのみこと/大黒様)を産ませたとされている(『古事記』では六代の子孫)。


【天照大神(あまてらすおおみかみ)】-----------------------------------------
・伊勢の神宮にまつられる日本の神々の中で最高神の地位を占める神様。
・伊弉諾(いざなき)・伊弉冉(いざなみ)二尊の子。須佐之男命の姉。
・近年は女性神説が有力。その根拠の一つは日本書紀で須佐之男命が天照
 大神を「姉」と呼んでいる。また弟の乱暴に起こって天岩戸に閉じ篭って
 しまうというエピソードも女性的。

伊弉諾(いざなき)が亡き妻:伊弉冉(いざなみ)を慕って黄泉の国に行くも結局逃げ帰りその時戻ってから川でみそぎをするのですが、その時に左目を洗ったときに天照大神、右目を洗った時に月読尊(つくよみのみこと)、鼻を洗った時に須左之男命が生まれたとされます。この三柱の神を三貴子といいます。


○毎年お神札を毎年新しくする理由
・神さまが清浄を第一とすることと、さらに御霊威を新たにされた神さまの
 その生命力にあふれた御霊(みたま)の力をいただき、一層のご加護を願うため。
・毎年お神礼を新しくすることで、祖先より受け継いできた神さまへの感謝の心を
 子孫にも伝えることにもなる。一家が揃って神さまを尊び敬うことは、神さまの
 ご加護を受けることにも繋がりすなわち円満で幸福な家庭を築くことにもなる。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
デイジーはハーフだったんだ!w

神社とかお墓参りってなんだかむしょうに
落ち着くんだよね。

神社でお参りする時も、鈴は邪気を払うので
3回鳴らすんだって。

日本って邪気を払う儀式って多いね~。
七草粥だったりとか豆巻きだったりとか。

左手が「陽」右手が「韻」なので右手をちょっと引いて
(ずらして)手叩くんだって。

お願い事言うのも住所と名前言ってかららしぃ。
だからか!願い事かなわなかったのは(笑)
2011/02/04(金) 07:21:03 | URL | レソル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する